通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

通訳案内士試験には、面接もあります。通訳案内士試験は2段階になり、まずは夏頃に筆記試験が行われます。それで合格していれば2次試験に進める訳ですが、それが面接になる訳です。面接では色々なやり取りがありますが、その1つはプレゼンです。そもそも通訳として活躍するなら、どうしてもプレゼンテーションを行う機会はあります。その能力を確認するために、資格試験ではプレゼンという分野で出題される訳です。その他にも、逐次通訳のスキルも確認されます。ところで通訳案内士試験に臨んでいる方は、そのプレゼンという分野は少々難しいというイメージを描いている事も多いです。確かに対策を施していないと、やや難しい一面はあります。しかし要点を押さえておけば、比較的点を取りやすい一面もあります。そもそも誰かにプレゼンをするのは、ある程度はパターンも決まっているからです。日常の業務でスピーチをするにしても、無意識の内にパターンを駆使しているケースが多いです。いくつかの話の展開のパターンがあって、それに基づいてスピーチするケースが多いです。他国語でも、それは同様です。言語は異なっても、ある程度のパターンを押さえておけば、比較的スムーズに話せることも多いです。ですから通訳案内士試験の面接に臨むなら、パターンは押さえておく方が良いでしょう。どうやってパターンを押さえれば良いかと言うと、専門の予備校などに通っている方が多いです。予備校にも色々ありますが、中には通訳案内士に特化した学校もあります。学校に通えば、どのようなパターンを押さえておけば良いか教えてくれます。また予備学校であれば、模擬面接などを受ける事も可能です。実際の試験を想定した面接を受けるだけでも、本番で緊張しづらくなるケースも多々あります。予備校によっては、模擬面接を録画して検証してくれる事もあります。面接試験が気になる時は、予備校も前向きに検討してみると良いでしょう。
【関連情報:通訳案内士試験