山下湘南夢クリニック

山下湘南夢クリニック


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川・湘南エリアにて不妊症の相談から不妊治療へとコマを進め、体外受精を必要とするご夫婦も少なからずいらっしゃいます。体外受精というのは、精子と卵子の出会いというふうにも表現されています。神奈川・湘南エリアの医療機関によっても違いはありますが、5個の卵子を用いた場合、平均1個の卵子に受精が起こり、その受精卵は培養液の中で育ちます。体外受精といっても、体内なのか体外なのかというだけの違いです。ですから、細胞分裂をしながら、順調に発育した胚を女性の腟から子宮内に移植することにより懐妊という診断結果が得られるワケです。不妊症の程度は一人ひとり違います。また、年齢によっては体外受精を選択せずに、自然受精でも懐妊する場合もあります。もちろん、その反対に、体外受精を選択したほうが良い結果を得られる場合もあります。よく、不妊治療は最終手段という考え方がされています。しかし、どんな手段であれ、希望を適えてあげたいと思うクリニックばかりです。不妊治療の専門機関も全国に数多くあります。そのうち、高度な技術と新旧の知識を屈指した医療機関で治療を受けるのが良いでしょう。ちなみに、神奈川・湘南エリアの専門クリニックでは、体外受精周期の通院についてもじっくりスケジュール調整してくれます。初診だとしても、トントン拍子で進むなら、次の生理から不妊治療(体外受精)をスタートできます。早々というならば、生理か中に診察を受けるのが一法で、その月から治療が可能になります。採血し、注射の可否、回数を確定します。注射というのは排卵誘発という目的になります。多くの場合、自己注射を行います。生理10日目に診察をするのですが、超音波と採血をとり、この時に採卵日が決定します。ここで大事になるのが男性の精子で、必要になるためにクリニックに男性も足を運ぶ必要もあります。もちろん、顕微授精という方法もあります。これでしたら、精子凍結によって移植が可能です。こうした内容で進められることも相談会では説明してくれます。
【関連情報:不妊治療・体外受精・湘南・神奈川