特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

工事看板を設置する場合には、適切な状態で設置をする必要があります。特に気をつけなければいけないのは、工事の目的を明瞭に表示することです。工事の目的が全く表示されていないような看板だけでなく、目的が表示されていても不適切な看板もあります。工事の目的を書いている文章が簡潔でないために、見た人にとってわかりにくいものになっている場合も、工事看板の表示としては不適当です。工事の目的を看板に表示するためには、できるだけ簡潔な言葉を使用して、見た人がすぐにわかるように工夫することが必要です。工事の目的が具体的に書かれていないものも、看板としては不適切です。工事看板に表示する工事の目的は、見た人に詳細がわかるように具体的に書く必要があり、「道路の改良工事をしています」といった表示だけでは、具体性に欠けるので看板に必要な説明としては十分ではありません。どのような目的で改良工事をしているのかを看板に表示するのが正しい方法です。舗装工事をしているという表示や修繕工事をしているという表示だけの看板も、同じように具体性に欠けるので看板の表示方法としては正しくありません。これらの場合にも、どのような目的で舗装工事や修繕工事をしているのか、見た人がわかるようにより具体的に表示することが必要です。工事看板を設置する時には、おこなっている工事の内容を正確に表示することも重要です。実際にしている工事の内容と看板に表示されている工事の内容が違っていると、看板を見た人が混乱をしてしまうので、どのような工事をしているのかをしっかりと把握してから、看板に正しい表示をして設置することが必要です。こうした種類の間違いとして起こりやすいのが、舗装工事をしている現場に、道路工事をしているという表示の看板を設置してしまう間違いです。舗装工事をしている現場では、舗装工事をしているという表示が書かれた工事看板を設置するのが正しい方法です。
【関連情報:工事看板